一度は所有を憧れてしまう!別荘購入における費用の基本情報やおすすめの別荘を紹介!

当サイトでは別荘を購入するときに必要となる費用の基本情報をはじめ、複数の知っておいたほうがいいお金の問題について紹介しています。
手に入れた後の税金などに関して必要な情報や、買うときに住宅ローンなどの制度は存在しているのかなどを理解しておくことで、手に入れるまでに必要な税制度や金融機関の支援などを確認することが可能です。
いつかは手に入れたいと考えている人は確認すると、資金を貯めるうえでの参考になります。

一度は所有を憧れてしまう!別荘購入における費用の基本情報やおすすめの別荘を紹介!

別荘を手に入れるために必要となるポイントとなるのは、必要な費用を理解しているかどうかです。
購入するために必要な費用の基本情報を理解しておくことで、別荘を手に入れるまでの資金計画を立てることが可能となります。
基本的に物件の本体の値段と、手付金・仲介手数料・印紙税・登記費・登録免許税・不動産取得税・復興特別所得税などです。
このほかに内部のインテリアや設備などを導入するための費用が必要となる場合や、リフォームが必要な場合もあります。

ランニングコストも馬鹿にできない!別荘購入後にかかる維持費を紹介します!

別荘を購入するならもちろん購入費がかかりますが、維持費もかかってくることを事前に知っておくことが大切です。
まず主に住居に使っている家が賃貸物件なら不要ですが、購入した物件なら所有をしているだけで固定資産税の支払い義務が発生します。
別荘も購入すれば同じなので毎年固定資産税がかかるのです。
田舎の方にある場合は不要ですが市街地に購入した場合は都市計画税も課税され、住民票を移していなくても住民税の均等割りも課税されます。
このように税金がかかるだけでなく、修繕が必要な場合はその費用も必要です。
特に中古物件を所有していてあまり訪れることがない場合、建物の劣化はどんどん進んでしまいます。
寒冷地なら冬に水道管が凍って破裂してしまったり、夏には白アリが湧いて床下の木を食べてしまうこともあります。
建物は空き家にすればするほど傷みが出ても発見が遅れてしまい、修繕工事が大掛かりになる可能性もあります。
すると修繕費も余計に必要になってしまうので、修繕費だけでも節約できるよう頻繁に訪れることが勧められます。

別荘購入後に掛かるランニングコストその①地震保険や火災保険といった保険費用一式

一軒家やマンションを購入するときと同様に、別荘でも保険費用をランニングコストに含めて考える必要があります。
1年のうちに別荘を利用する機会は多くありませんが、地震や津波、台風などといった自然災害の被害を受けるリスクは常に存在します。
利用頻度が高くないからという理由で火災保険や地震保険への加入を怠ると、万が一の事態に遭遇したときに元通りにするために多額の費用負担を強いられます。
保険料が特別に高くなるわけではないので、損害保険へは特段の事情が無い限り加入しておきましょう。
別荘を対象とした火災保険に加入すると、自宅の分と2軒分の保険料を支払わなければなりません。
自宅の損害保険と同じような感覚で考えて補償内容を決めてしまうと、家計への負担が大きなものになってしまうおそれがあります。
このため、別荘を購入する場合は、このタイミングで加入している損害保険の内容を見直すことをおすすめします。
不必要な補償を契約内容からはずすことで、保険料の負担が抑えられます。

別荘購入後に掛かるランニングコストその②水道光熱費にネット環境費用

定年退職後は夢にまで見たスローライフを実現すると意気込んでいる人も多いでしょう。
サラリーマン時代には上司の理不尽な命令に従い、パワハラにも耐え同僚のいじめにも耐え抜いてきた分、退職後は自由気ままに生活すると意気込んでいる人も非常に多いのです。
このようなスローライフのために別荘を購入する人も少なくありません。
今別荘は富裕層の特権ではなく、サラリーマンでも購入しやすいリーズナブルな中古物件もたくさん販売されてるんです。
購入には土家屋代金にリフォーム料金、デザインや設計料などもかかります。
そして忘れてはいけないのが、購入後のランニングコストです。
過疎地の山間部だと水道光熱費は都会よりも高くつくことがあります。
ネット環境費を構築するのも、近いよりも難しいケースがあり、コストがかかることを覚悟しなければなりません。
そのほかにも温泉引き込み量や更新料、火災保険や地震保険などの費用も掛かってくるんです。

別荘購入後に掛かるランニングコストその③温泉使用料やローン保証料

別荘を購入する場合、ほとんどの人は自宅購入時と同様にローンを組みます。
このため保証料も、自宅の場合と同じように発生します。
支払い方法には、ローンを組んだときに一括で支払う方法と、毎月の返済時に一緒に払い込む方法があり、後者を選択した場合は保証料を購入後のランニングコストの一つとして考えなければなりません。
また、買った別荘が温泉リゾート地にあると、温泉を利用する場合に自治体に温泉使用料を支払うことになります。
料金は多くの自治体で水道料金と類似した従量制が採用されており、使用した湯量が一定量に達するまでは基本使用料で済みますが、それを超えると1立方メートルごとに数十円から数百円程度の超過料金が発生します。
風呂好きの人であれば、別荘滞在中は何度もお風呂に入りたくなるものですが、入る回数が多くなるほど温泉使用料が高くなっていくので、家計への負担が大きくなり過ぎないように入浴する頻度を調整しましょう。

に関する情報サイト
別荘購入にかかる費用を教えます

当サイトでは別荘を購入するときに必要となる費用の基本情報をはじめ、複数の知っておいたほうがいいお金の問題について紹介しています。手に入れた後の税金などに関して必要な情報や、買うときに住宅ローンなどの制度は存在しているのかなどを理解しておくことで、手に入れるまでに必要な税制度や金融機関の支援などを確認することが可能です。いつかは手に入れたいと考えている人は確認すると、資金を貯めるうえでの参考になります。

Search